「設置までの流れ」Step.4の設置工事について、実際の工事の写真を使って説明させていただきます。
屋根の材質によって、施工方法は変わりますので、一例としてカラーベスト屋根の場合をご紹介いたします。


LIXILのパネル設置の場合

STEP1:架台取付位置のマーキング

工事の流れ

足場や養成シートを設置。
屋根にパネルを設置するための架台を取り付ける位置を配置図に基づいてマークします。




STEP2:架台取付金具

工事の流れ
工事の流れ

工事の流れ

印をつけた位置に取付用の穴をあけ、架台の受け金具をねじ止めします。


STEP3:架台取付

工事の流れ
工事の流れ
  金具に縦桟・横桟を設置。これで架台は完成です。


STEP4:パネルの取り付けと配線

工事の流れ
工事の流れ

工事の流れ
架台にパネルを取り付ける前に、必要な配線を施します。
太陽光パネルを1枚ずつ架台に設置しながら、配線を繋いでいきます。


STEP5:工事完了

工事の流れ
パネルの配置が完了したら、周辺機器、パワーコンディショナ、モニタ等を
取り付け検査を行います。
システムが正しく機能しているのが確認出来れば工事完了。
太陽光システム稼働開始です!






Information

施工事例のS様邸ではケイミュー株式会社のROOGAルーガ[鉄平]を使用。
軽くて丈夫な材質なので、太陽光との相性がとても良いです。
新築や屋根全面葺き替えリフォームの際にオススメ。
初めから太陽光の架台設置用の穴があるので、新たに加工する必要がありません。

KMEW ROOGA 鉄平 
http://kmew.co.jp/shouhin/roof/rooga/


※お客様の環境によって、最適な設備は異なります。
  ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。


↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP