外装・内装・塗装

家づくりを思い立ったとき、何から始められますか?
インテリアや水周りなどの設備にはこだわりがあるけど、家の外観・外壁にかける予算配分の優先順位が低い人も多いのではないでしょうか。
しかし、住宅のメンテナンスの中では必ず定期的に行う必要があり、しかも費用がかかるのが外壁です。
建てる時に賢く選べば、後々、見栄えやコストに大きな差が出てくるのです。
いつまでもキレイな家に安心して住み続けられる外壁選びの豊富なノウハウが日新にはあります。

↑ PAGE TOP





↑ PAGE TOP




1:外装・内装工事って・・・?
外装・内装工事は総称して「仕上げ工事」といいます。
仕上げ工事は、色彩やデザインなどもすべて考慮して、強く・美しく・より住みよい住環境に整えていく作業です。
雨や風・火などから建物を守り、構造の建材などが長持ちするように保護する役割があります。
外装は、建物のイメージを決定する重要な工程です。また、内装もこれから毎日暮らす空間ですから、お客様のイメージを大切にしながら、決定していきます。

2:メンテナンスの必要性
外壁・塗装は雨や風、紫外線や様々な外的要因から住宅を保護してくれる、いわば家の保護膜のようなものです。
劣化してくると、雨や湿気が侵り込み、外装の表面だけでなく、基盤の腐食がはじまります。 極端に外壁が汚い(カビなど)場合などは早急な対応が必要となる場合があります。
お客様の外壁には、クラック(ひび割れ)や、藻、苔などが生えていたり、塗膜がはがれてきたり、シーリング部に亀裂が入っていたりしませんか?
こういった、外壁の劣化を放っておくと、どんどん状態は深刻になっていきます。
お客様でもできるセルフチェックなどを毎年行って頂き、定期的に専門業者によるメンテナンスをおすすめ致します。
メンテナンスの必要性について、豆知識に詳しく掲載しております。
ご覧くださいませ。

3:メンテナンス時期の目安
外装のメンテナンス時期は、一般的に10年~15年といわれています。
しかし、10年~15年ほったらかしにして良いというわけではありあません。
その時期までに、ヒビやシーリングの劣化、苔や藻が生えるといった状態になった場合は、急いでメンテナンスをする必要があります。
早め早めの処置が、お住まいの寿命を伸ばします。
ぎりぎりまで放置して、大がかりな工事になるより、日頃からお施主様の目でチェックして頂き、定期的に、専門業者によるメンテナンスをうけることで、小さな工事で済むほうが、当然経済的でもあります。
内装(壁紙)に関しては、剥がれなどが起こった場合はすぐに対処が必要ですが、だいたい10年ほどを目安にして頂ければと思います。

4:メンテナンス・点検の流れ
STEP1
お問合せ
メールでのお問合せは年中無休で受け付けております。お電話は、平日・第1第3第5土曜の9:00~17:30までの受付けになります。
ホームページのお問合せページからでも可能です。お気軽にお問合せくださいませ。

STEP2
調査・点検
現地にて、調査・点検を行います。この時に、メンテナンスに必要な工事は何かなど判断させて頂きます。
とくに、メンテナンスが必要でなかった場合は、今後に向けてのメンテナンス計画や、お客様でできる点検などのレクチャーをさせて頂きます。

STEP3
メンテナンス計画
メンテナンスが必要と判断した場合、お客様に現在のお住まいの状態などをご説明し、メンテナンスをおすすめ致します。
この時、無理な工事はおすすめ致しませんのでご安心くださいませ。また、今後のメンテナンスを計画的に行えるように、お客様のお住まいに合ったご提案をさせて頂きます。

STEP4
メンテナンス工事
メンテナンスには、様々な工法がございます。お住まいの状態やメンテナンスが必要な部分の特徴なども考慮し、外壁のプロが施工させて頂きます。

STEP5
メンテナンス工事完了・次回点検のご案内
メンテナンス工事が完了しましたら、現在の状態をご説明させて頂き、次回点検のご案内をさせて頂きます。
こまめに点検、メンテナンスを行うことで、外観美を保つだけでなく、劣化の速度もゆるやかにすることが可能です。
長期間放置しておくと、壁面からの浸水などで構造体にまで影響を及ぼす場合もございます。
このような事態にならないように、弊社では定期点検をおすすめさせて頂いております。

STEP6
アフターサービス
アフターサービスと致しまして、お客様のお役立ち情報やお得情報、定期点検のお知らせやお客様サポート窓口の設置などを行っております。
お困りの点・ご相談などございましたら、いつでもお問合せくださいませ。お待ちしております。

↑ PAGE TOP



↑ PAGE TOP